そうだ、インドに行こう!      【1つ悟った編】

2018年インド旅

こんにちは!ミニマルバックパッカーのトモローです。

 

今回もインド2018年の旅いついて。

僕は約5年半前、3年半前、そして今回とインドを訪れています。

通算で言えば8ヶ月ほど滞在したことになります。

インド人はそんなに好きになれないんですが、インドの生活はとても大好きなんですよね。

いつも何か考えさせられたりするから。

今回も大きな学び、悟りが1つありました。

今日はそのことについて書きます。

 

実はめっちゃビビってた。

今回インド行きが決まって、行く前はめっちゃワクワクしてたんです。

大好きな西の果てにある村々を訪れること、そこで色んな布を買うこと、3年前に会った人達に再会できること、インドのライフスタイルなどなどに。

で、僕出発の2日前に腰を痛めてしまい。しかも強烈に。

整骨院に行ったほどで。

そんな体調で9時間のフライトでデリーに到着し、市内に出てから妹夫婦とご飯を食べ、僕は空港に戻って夜発の便で一度ムンバイに飛んでトランジットで5時間過ごし、ようやく朝方6時発の便でブージという町まで行くという、結構弾丸な移動をかましました。

元々ゆっくり滞在型な旅をしていたので、あまり弾丸移動も得意ではない。

ロキソニンで腰の痛みとかごまかしながらどうにかブージに到着。

そっから、東京の暑さ経験しているからインドの暑さもいけるだろうとふんでいたのですが、やっぱりインドの暑さや照りは堪えました。

久々のオイリーで辛いインド料理もなかなかヘビーで。

しかし、なんといっても僕にとっての天敵はです。

3年前に一度デング熱にかかっているので、蚊に刺されることに非常に敏感になっていました。

40度以上の高熱が10日間続くあの時の経験はもう二度としたくない。

そんな感じで、灼熱の天気、インド料理、蚊の不安と腰痛を抱えながらの旅。しかも長旅による睡眠不足と、僕にとって辛いことの連続で、一瞬心くじけそうになった。

 

悟りが芽生えた

そうやって、この暑さでバテないかな、これ食べても・飲んでも大丈夫かな、蚊に刺されないかな、腰は大丈夫かな、なんて考えながら数日を過ごしてたある日。

なんか吹っ切れたんですよね。

いつか読んだ本に書いていた内容を思い出したんです。

出典は忘れましたが、老子関係の本だったかな?

こんなことが書いてありました。

大木と雑草では一見大木の方が強く見える。

しかし、一度強風が吹けば、大木はポキッと折れてしまう。

雑草の方は強風になびくものの、風が過ぎ去った後もその場でしっかりと命をつないでいる。

こんな感じの内容です。

 

柔よく剛を制すとか、上善如水とか、柔らかいものの方が固いものよりも強い

これ、思考も一緒なんじゃないかって思ったんです。

僕は、大丈夫かな大丈夫かなって何か思考が固くなっていた気がします。

そこに執着が根付いてしまい、風という不安要素がやってくることで(ここでいうと灼熱の天気や蚊、腰痛とか)、心がポキっと折れてしまうような。

で、もっと思考を柔らかくしようって思ったんです。

「きっと大丈夫だろう」とか「ま、いーじゃん」とか。何も考えなかったり。

そうしたら、ビビってた心がどんどん溶けていって、昔インドを旅していた時のようなそんな自由な感覚になったんです。

怖いものはないみたいな。

蚊にさされちゃっても「あ、刺されちゃった」くらいに受け止められるようになったし。

朝起きて腰が痛くても「今日もまだ腰が本調子じゃないなあ。湿布はっとこー」みたいなゆるい気持ち。

 

インド人は思考が柔らかい

そう考えるとインド人って皆思考が柔らかいようにみえるんですよね。

みんな大抵のことは「ま、これぐらいいっか」くらいに受け止めてるというか。

例えば料理を作っててハエがたかってたら、日本人なら「汚い!食べたらお腹壊しそう!」とか思うだろうけど、インド人はそこに何も感じてないというか。

列車の中で、ここに足おいたら怒られるかな?なんて考えずに足おいちゃったり。

他人に話しかけたら不審がられるかな?なんて考えすに話しかけたり。

ジロジロ見てたら嫌かな?なんて考えずにジロジロ見たり。笑

挙げるときりがないですが、インド人見てるとみんな大抵のことはどうでもいっかくらいに考えて生活してるように見える。

だから彼らは強いのかもしれない。

 

今回、この悟りは結構大きかったです。

今までも本で読んだりしていたけど、実際に体験して初めて身に着くというか。

固い思考は執着の根を張ってしまい、そうなると物事に対して「こうじゃなきゃ」「ああじゃなきゃ」みたいな固定概念を作り出してしまう。

そして不安に襲われたり、無駄に心配したり、ストレス溜めたりして、負のオーラを纏ってしまう。

そういう固い思考はポイっと捨てちゃって、そうすれば大抵のことはありのまま受け止めることができるようになる。

すると不安や心配が襲ってくることもなくなり、ポジティブな思考でいてられる。

 

なんとなく執着を捨てるって意味が分かった。