僕の格安語学留学ー英語ーフィリピン編

語学

こんにちは。語学は文化だ。トモローです。

つい数年前頃からフィリピンの格安語学留学を利用して、英語を学ぶ人が増えてきました。

実は、僕もあまり英語ができなかったので、旅の初めにフィリピンで1ヶ月半語学留学をしました。

留学体験をしたかったのと、なぜそんな格安で英語が学べるのか知りたくて行きました。

この情報は僕が旅に出る時の話なので、今から約5年も前の話になります

今では、オンラインを使って準ネイティブの人たちと英語やスペイン語をとても安い料金で授業を受けることができるようになりました。ネットフリックスやYoutube、ポッドキャストなどで簡単に英語が学べる時代になりましたね。

本当に僕らは恵まれた時代に生きていると思います。

そこで、当時僕が体験したフィリピンの格安語学留学についてどんなものなのかを紹介します。

ちなみに、僕はグアテマラでもスペイン語の語学留学をしています。

その情報もまた紹介したいと思います。

フィリピンの格安語学留学

 

料金について

留学なので、学校や寮に寝泊まりすることになります。部屋タイプはシングルや2人部屋 3人部屋とタイプがわかれ、人数が多くなるほど安くなります。

僕は集中して勉強したいという思いでシングルを選びました。笑

授業料・食費全て込み1か月約17万円コースでした。

それ以外にかかる費用は毎日の消耗品を別途自分で負担するぐらいです。

勉強を主にしていれば、トイレットペーパーとかお菓子とか出費は微々たるものですね。

ちなみに日本からセブへの航空券は片道5万円でした。

 

場所

留学できる場所はフィリピンだとセブ島とかマニラとか選べます。

僕はスケジュール的に都合の良い学校がセブ島だったので、セブ島になりました。

セブ島は近くに綺麗な海があるし、少し遠出すればもっと綺麗な海と島にも行くことができます。

マニラは治安が悪いことで有名なので、セブでよかったと思います。

 

コース

僕が通ったコースは普通コースとスパルタコースの二つが選べました。

スパルタコースは本格的に英語に集中したい人で、揃っている先生が違うかったり、普通コースよりも多くの授業が取れたりします。また、学校は土日休みなのですが、だいたいの生徒はそこで外出したりして息抜きしますが、スパルタコースを選択した生徒は土日の外出も禁止だったりと結構厳しめです。選ぶ人は覚悟が必要ですね。

 

授業

授業は基本的にマンツーマンです。1コマ60分でした。

教材を選んでそれにそって授業を進めたり、フリーコンバセーションでただ自由に先生と会話するスタイルを選んだりもできます。

宿題は必ず出されますが、先生によっては出さない人もいました。

マンツーマン以外にも、3人ほどの少人数制の授業もあったりします。

また、日本人や韓国人用にTOEIC対策の授業なども用意してくれていますので、本当に自分に合った授業の選択ができます。

 

先生のレベル

当たり前ですが、先生は普通に英語が話せます。

ただし、先生の中でも大学を卒業している人もいれば、そうでない人もいます。

そこは相性もあると思いますが、わかりやすい授業をしてくれる人もいれば、その逆もあります。

ただ、生徒は先生を変えることもできるので、自分に合った先生を選ぶのが良いと思います。

 

自習

僕の行った学校には自習室がありました。授業と授業の間が空いている人や、授業終わりに宿題をする人が利用します。

僕は一人部屋だったので、邪魔されることなく部屋で勉強できるのですがどうしても一人だと甘えてしまう部分もあるので、僕は積極的に自習室を利用していました。

周りに同じように勉強している人がいるとやる気が出ます。

 

遊び

学校の授業は平日だけで、土日は基本的に休みです。(もちろん学校によって違います。)

平日でも、授業終わりに遊びに行ったり、買い物に行ったりできますが、学校を出入りするときは必ず玄関で出入りリストの紙を記入させられます。

門限もあり、守れなかった人はペナルティで名前を張り出されたり、その週は外出禁止になってしまうこともあります。

ルールは守らなければいけませんが、せっかく海外に来ているのだから時には息抜きに学校のみんなと出かけて遊ぶのも息抜きになります。

遊びと勉強のバランスをとって上手に英語が上達できれば最高ですね。

 

フィリピンの物価

物価は安いです。

なんと言っても学校のすぐ近くにマッサージ屋さんがあって、200円くらいで受けられるので、

勉強で疲れた時はリラックスしに行ってました。

まあ、勉強がメインなので、そんなにお金を使うことも無いと思います。

 

メリット

なんと言っても近さと安さ。

英語の留学といえば、アメリカやカナダが最初に頭に浮かぶと思いますが、アメリカもカナダも日本からだとかなり遠くなります。

航空券も高く、向こうでの生活費や留学費用はン百万かかります。

それに比べてフィリピンは日本からも近いし、留学費用、生活費がとても安くすみます。

 

総合的に

フィリピンの語学留学はかなりコスパが良いと思います。

日本で英会話を習うメリットは講師の質の高さと、自分のスケジュールによって選べるところ。

フィリピンまで行くのと、がっつり休みをとらないといけないのはサラリーマンには厳しいが、学生などで夏休みや冬休みを利用して1,2ヶ月プチ留学する学生もいました。

アメリカやカナダのネイティブな英語よりも質は落ちるかも知れないが、その分純ネイティブと毎日話す機会がもててこの料金なら安いのではと思う。

 

まとめ


がっつり休みがとれて、英語を勉強したい学生にはとても良い留学だと思います。

まずアメリカやカナダで迷っている人は、フィリピンで3ヶ月ほどやって慣れてから本場に向かうのも一つだと思います。

英語を本気で習得したい人にはぜひおすすめです。