生きがいについて考えた

仕事

こんにちは!トモです。

このブログは主に、人生の黄金時間に当たる大学生活を送られている方に向けて、自分自身が大学生の時に知っていたら嬉しかったな的な知識を発信しています。

3年半バックパッカーで世界を旅した経験と今まで3千冊以上の本を読んで学んだことをベースに記事を書いています。

1つ前に英語バージョンでIKIGAIという世界的ベストセラーの書評の記事をアップしましたが、今日はそれの日本語版です。

書評というと、本の要約のようですが、内容的には本を読んで自分なりに考えた『生きがい』についてのまとめなので、いつもの書評とはちょっと違うかも。

どちらかというと個人的見解が豊富です!笑

なのでタイトルも書評とはせずに、生きがいについて考えてみた、としました。

生きがいの定義

これはウィキペディアで拾ってきた図ですが、世界的に日本の生きがい(IKIGAI)はこのように案内されている。

個人的には少し思うところがあるのですが、現在模索中なので今日は言及せず。

ただ、生きがいと人生について考えがまとまったら改めて記事にしたいと考えています。

人生の目的

人生の目的は幸福になること。

(長寿はその副産物に過ぎない)

IKIGAIとは①

幸福になる。つまり、自分の貴重な人生の時間をいかに自分が愛しているものに使えるか。

愛しているもの:IKIGAI

愛しているものに使う時間:IKIGAIタイム

IKIGAIのある人生:IKIGAIライフ

IKIGA Iとは②

IKIGAIとは長期的に人生に幸福をもたらしてくれる。

逆に人生に短期的に幸福(快楽)をもたらすもの→罠(チョコ、ゲーム)

それらは長期的には不幸をもたらす。非生産的で、時間を捨てているようなものだから。

しかし、人は(やりたくもないメインの)仕事に疲れているため、帰宅後、もしくは休日は頭や体を使いたくないと考えて、短期的幸福をもたらしてくれるものに時間を使ってしまう。

時間や労力を要しても長期的幸福をもたらすもの(IKIGAI)に時間を使うべき。

人生の時間

人生には二種類の時間軸がある。

プライベート時間と仕事時間。

まずはプライベート時間をIKIGAIに充てるべき。

しかし、仕事で疲れすぎていてプライベートな時間を捨ててしまうようなら、

仕事もIKIGAIにシフトできれば良い。(最善策)

IKIGAIに努力は必要ない。時間を忘れて疲れを感じずに取り組めるものがIKIGAIだから。

人生の最大の敵はストレス

ストレスは寿命を縮めるので、できるだけストレスのかからない人生が好ましい。

ストレスのかからない人生には二種類あり、

  1. ストレスを生まない
  2. ストレスを打ち消す

IKIGAIはこの2つの性質どちらも持っている。

人生は個人の領域と社会関係の領域の2つある

英語で申し訳ないですが。。

個人領域の最大目的は「健康」

健康のためには適切な食事、運動、睡眠、瞑想が必要。

そうして作られた個人の健康な体、頭、心は社会関係の土台となる。

健康のためにもストレスは大敵であるから、ストレスのかからない時間の使い方が好ましい。

つまり、IKIGAIタイムをいかに多く過ごせるかが重要。

自分が最も愛していること(好きなこと)に時間を使う。→IKIGAI(Love)

社会関係の領域の最大目的は「soundness(stability)」

そのために次のIKIGAIがそれぞれの領域を満たす。

  • IKIGAI(Good at)    →仕事
  • IKIGAI(Paid for)     →お金・家庭
  • IKIGAI(World need) →社会

自分が最も得意なことに時間を使う。

この人生のマトリクスのバランスが整っている状態が幸福な人生であり、

それを支えるものがIKIGAIです。

自分が好きなこと(IKIGAI)は自分を満たし、→プライベート(時間)

自分が得意なこと(IKIGAI)は社会を満たす。→仕事(時間)

IKIGAIにはこに2つの軸がある。

人生は壊れやすいもの

自分の仕事がいつなくなるか、自分の命がいつなくなるかわからない。

人生は壊れやすいもの。

メインジョブ以外にIKIGAIにより小さくても収入の道を作っておけば、

メインジョブが壊れても、リスクヘッジになる。

また、メインジョブをリタイアしても、IKIGAIがあれば人生に意義や目的が見出せる。

最上はIKIGAIをメインジョブにできれば、プライベート時間も仕事時間も充実して、

十分なお金を得られて、ストレスなく、自分も社会も幸せに生きていける。

しかしもちろん人生には恐れもある。

しかし、人生は壊れやすいもの。リスクヘッジは大切。

最初はメインジョブ80%、IKIGAI20%くらいで始めてみる。

理論的にはIKIGAIは自分の心の底から愛しているものであり、得意なことであるので、

モチベーションも自然に湧くし、時間を忘れて長時間取り組めるもの、それでいて疲れを感じない。→良い結果をもたらしてくれる。少なくとも自分が苦手、嫌いなものをするよりは。

そうして、徐々にIKIGAIで食べていけるようになれば、メインジョブとシフトするのが良い。

自分は世界の一部

人間の体は数十兆個の細胞からできている。その細胞やDNA一つ一つに役割があり、

それらが自分の役割をきちんとこなすことで、人間の体はうまく機能している。

もし、細胞やDNAが自分の役割を忘れて好き勝手やったら、人間の体はたちまち機能しなくなる。

それと同じように、僕たち人間も一人ひとりが世界の一部である。

僕たちは世界にとって重要なことをすべきである。

それは人それぞれが生まれ持ってきた役割、使命であり、それこそIKIGAIなのかもしれない。

って話でした!

Kindleで旅の本を出版しています。Kindleユーザーの方は是非読んでみてください!↓↓↓


Kindle Unlimitedなら無料で読めます!