【断捨離】思い出の品をどうするか

人生論

こんにちは!トモです。

今日は断捨離についての話を。

手放す気持ちよさを知って、バンバン物を売ったり捨てたりあげたりする時期ってないですか?

僕はありました。笑

ただ、断捨離を続けていく中で、やっぱり、一番難しい判断が「思い出の品」だと思う。

物は使うためにある。その通りだと思う。

でも、物には思い出が宿る。

写真を見返して、その時の思い出を振り返るように。

物を見ることで、それを使っていた、もしくはもらった時の思い出がいつでも蘇ってくる。

だからなかなか手放しづらい。

ある人にとってはただのペンかもしれないけど、自分にとっては苦労した時を共に過ごしたペンかもしれない。

断捨離の方法で思い出の品をどうするか、色々ありますよね。

写真にとって、感謝をしてから手放すなど。

確かに写真に残せば、その物自体がなくなっても写真を通して物の思い出は思い出される。

ただ、それでも捨てられない。

なら、僕は無理して捨てる必要はないんじゃないかって思うんです。

だって、どれだけガラクタで使えない物だったとしても、どうしても捨てられないのは、それだけ人生にとって大切な物だからじゃないでしょうか。

それを断腸の思いでも捨てなきゃいけない!って考えるのは違うんじゃないかなと思う。

断捨離やってる人も、ミニマリストも、なんでもかんでも捨てたり手放したりしてるわけじゃない。

本当に必要なものだけを人生に残して、不必要なのに所有しているものは離れましょうっていう考えだと思う。

どうしても捨てられないくらい思い出のある大切な物というのは、人生にとって本当に必要な物に部類される。

捨てなくていいんです。少なくとも今は。

そこで。じゃあ、どこに保管すればいいのか。倉庫を借りるのか。何かサービスを利用するのか。

いいえ、もし一人暮らししている人がいれば、思い出してみてください。

実家があるじゃないですか!笑

今日はこれが言いたかった。

実家を使ってますか?

もちろん、いろんな事情の人がいると思います。

そもそも実家に暮らしていて思い出の品の断捨離に困ってんだよ、とか。

実家がない人。実家が遠い人。色々あると思います。

その中で、今日僕がメッセージを届けたいのは、「実家があり、かつ一人暮らししている人」です。

断捨離とは

ちょっとここで一度、「そもそも断捨離とは」を考えてみる。

僕の考える断捨離とは、

人生からゴチャゴチャとした不要なものを省いて、大切なものだけを残す。そうして生活をシンプルにすることで、大切なものだけに集中することができるようになり、時間、お金、労力を大切なものだけにかけることができるようになる。

by 自分

こういうことだと思っています。

だから、上で書いた通り、思い出の品が大切な物なら残せばいいと思っています。

スペースない問題

思い出の品は残していいんだ!と残し続けると結局スペースがなくなる。

そこで「あれ、やっぱり断捨離必要なんじゃ、、」って思い始める。

例えばレンタルーム借りてそこに保管したり、ミニクラのようなサービスを利用したりして、家から物を別の場所に保管してる人も多いと思います。

でも、月額費用もったいない。

で、僕思うんです。

実家あるじゃんって。

結局何処かにスペース借りて保管するなら、実家のスペースが空いているならそこに無料で保管する方がいいんじゃないかなって。

実家はダメ?

この、「スペースあるから」という考えは断捨離やミニマリズム的な考えからすると少し悪とされるような気もしますが。

でも、自分はこう考えちゃうんです。

例えば実家に両親が住んでるとして、自分が使ってた子供部屋はそのままだとする。

そこに物が増えようが増えまいが、両親には関係ない。使ってない部屋だから。

それでも両親は毎年固定資産税を払ってる。

そういう自由に使えてかつ誰にも迷惑かけないスペースがあるなら、それはレンタルームと一緒じゃない?って。

お金払ってレンタルーム借りたり、ネットサービス利用するなら、実家に置いておけば?って思う。

というか、みんな言われなくてもそうしてるんですかね。

自分の周りにやけにそういったサービスを利用しようとする人が多くて、ちょっと疑問に思ったんです。

無料で使える自由スペース実家があるなら、利用しましょ。

って話でした!