お金持ち、時間持ちと余裕の関係性

時間

こんにちは!トモです。

今日のテーマは、金持ち、時間持ちと余裕の関係性について。

では早速。

時間があると余裕が生まれる

遅刻する人を例に取りあげます。
※このブログどんだけ遅刻の例題上がるんだってくらい遅刻について書いてるかも。笑

昔の職場にいたんです。

遅刻して来てめちゃくちゃ余裕のない人が。

1秒でも遅刻してしまうと当然ですが「遅刻」扱い。遅刻が3回で無断欠勤扱いになり、給料やボーナスに響いてくる。どんな会社でも大体そうだと思いますが。

だからこの1秒が命取り。

それなのにギリギリに到着するルートと時間でいつもくるから、電車が少し遅延したり、何かアクシデントがあると終わる。

遅刻しまいと会社に到着する頃には、相当時間に追いかけられている。

追いかけられているから焦るし、焦ると余裕もなくなる。

誰かにぶつかりそうになっては「どいて!」と怒鳴ったり。。。

5分前に到着するルートと時間で家を出れば済むだけなのに、多分自分の時間を1秒でも自分のために使いたいって理由でギリギリ到着を選んでいたように思います。

でも、人生時間に追われるほど、余裕がなくなると、都度心が疲弊しちゃうと思うんですよね。

だから5分を支払って、心の余裕を買った方が、精神衛生上いいんじゃないかって僕は思いますが。

とにかく、時間に追われると人間焦って余裕がなくなり、いつも通りの対応もままならなくなり、すると相手には悪い印象しか与えず、しかもその上で遅刻したら給料にも響く。

いいことは一つもないので、遅刻しない余裕を持った行動をするのをお勧めします。

すると時間に余裕があるから、心にも余裕が生まれて、何かあっても余裕を持って対処できるから相手への印象も良くなり、しかもその上で感謝されるかもしれない。

余裕のある人って、時間に余裕のある人なんだなとも思う。

お金があると余裕が生まれる

時間と余裕の関係性は以前からなんとなく頭で理解していましたが、結局これはお金にも言えることだって気づきました。

一言でお金持ちと言っても、価値観は人それぞれなので、貯金が2000万円あればお金持ちって人もいれば、年収1億円でお金持ちって考える人もいるので、そこはご自身の価値観にお任せします。

ただ、僕の周りのお金持ちの人を見回すと、結構いつも大人というか、余裕があるように見える。

それって結局、お金があることによって、人生への安心感からくる余裕なのかなって、

もちろん昔からそんなことはわかってはいたのですが、なんとなく自分も社会人になってから頭で理解というより腹に落ちて理解するようになった。

国がどうなろうが、仕事がどうなろうが、果ては何が起きようとも、お金があればなんとかやっていくことはできる。

そのお金を確保していることからくる人生へ対しての余裕、それがお金を持っている人にはあるんだなって思いました。

欲望や執着をなくせば、余裕が生まれる

ただ、じゃあ時間を持ってないと、お金を持ってないと、人生はずっとあくせく生きなければならないのか?

そうではないと思います。

例えば、欲望というのは際限がないので、1億貯めたら3億、3億貯めたら10億と際限なくなる。

そうなるといくら10億持っていてもまだ足りないって考えるようになっちゃう(って聞きました笑)。

すると、どれだけお金持ってても心に余裕がなくなっちゃう人もいる。

お金を持っている人が全て余裕のある人とは限らない。

時間も同じで結局人それぞれの価値観なので、5分前に到着して「よし、5分あるぞ」って思える人と、「5分しかないどうしよう」と思う人がいれば、後者は余裕がなくなる。

結局心の持ちようではあるのかなってのが結論です。

世界中を旅して、経済的には豊かではないにもかかわらず、毎日幸せそうに笑顔で生きている人々の姿を大勢見てきました。

多分、欲望がそこまでなく、執着も少ないから、少ないお金で、時間があるだけで幸せと思える人々なんだと思います。

お金があろうがなかろうが、時間があろうがなかろうが、その貴重さを理解して、あることの有り難みを感じることができれば、誰だって心に余裕が生まれて幸せにはなれるのかなって思います。

って話でした!