書評-ビットコインと仮想通貨

書評

こんにちは!本が大好きなトモローです。

いつか始めたいと思ってた書評第一弾!

本大好きなので、紹介したい本があれこれあります。

どれにしようと思ってなかなか書き出せなかったので、思い切って一番最新で読んだ本から始めることにしました。

ビットコインと仮想通貨

ビットコインて何か知らなくても、聞いたことはありますよね?

去年の2017年頃からだいぶ知名度を上げたと思います。

というのも、ビットコインの価格があり得ないくらい上昇したから。

具体的に言うと、2017年に入って1ビットコイン10万円だったのが、年末には一時210万円台まで上がりました。

単純に、10万円投資していれば、210万円になったということです。

僕も昔から株式投資をしていたので、ビットコインに興味を持って遊びで去年から始めました。

3万円でビットコインを買ったらすぐに10万円まで値が上がったので驚きました。

僕はこの異常さについていけず、そこで手を引きました。

ただ、ビットコイン自体は素晴らしい仕組みだと思うので、将来的に電子マネーや仮想通貨は当たり前のように普及していくと思っています。

 

本の構成

  • ビットコインについて
  • 投資対象としての仮想通貨
  • ブロックチェーンの仕組み
  • 現在の事例
  • 未来のお金として

ビットコインとは何かから、その決済や運用についてどう行われているのか、ビットコインを形成する仕組みの一つである「ブロックチェーン」とはどういう仕組みなのか、ビットコインの始まりから現在まで漫画を交えながらわかりやすく説明してくれています。

そして、これからの仮想通貨がどうなっていくのかまで予想して書いてあるのが面白かったです。

ビットコインて何か知りたいって人や、投資として安全なの?って知りたい人は一度読んでみてもいいかと思います。

本を読んでみて

僕自身、それほど知識もないまま仮想通貨の投資を始めましたが、本当にちょうど仮想通貨バブルに入った辺りで始められたので、損をすることは無く、ただただラッキーな投資になりました。

実際に、本を読んでみて、全然投資対象としての仮想通貨の事を知らなかったので、勉強になりました。

例えば、つい最近コインチェックの問題がありましたよね。

あのニュースをみて「やっぱり仮想通貨って危ないんじゃん」て思った人が多いと思います。

でも、よくよく調べてみると、仮想通貨自体が危ないのではなく、それを扱っている「取引所」(今回でいうコインチェック)に問題があるということ。

仮想通貨を取引できる場所を取引所と呼びますが、取引所は金融庁にキチンと登録した登録業者である必要があります。

金融庁に認可されて初めて信頼できる取引所となりえます。が、コインチェックはまだ認可が下りる前の段階のみなし業者だった状態。

そして、今回ハッキングされた通貨に関しても、本来通貨はオフラインで管理しているので、ネットからハッキングされる可能性はゼロなのに、今回ハッキングされた通貨はオンラインで管理されていたため、ネットからハッキングされて盗まれてしまった。

完全に取引所のセキュリティに問題があったということ。

しかし、この件を受けて、一般投資家の人達がこぞって損害を被り、また売買したくても一時期売買事態に制限がかかるなどしたことから、不安心理が働き、仮想通貨を売りに入ったことで、全体的に仮想通貨が下落して、それが仮想通貨自体の安全性が問題視されたのだと思います。

ブロックチェーンという仕組みがどれくらい素晴らしいのか、実際僕には見当がつきません。

ただ、本を読む限り、ブロックチェーンの仕組みを利用したこの仮想通貨の安全性や利便性はかなり大きいと感じました。

一時的に価値を下げたものの将来的にはまた値上がりすると思うし、通貨としての利用価値も大いにあると思います。

 

未来のお金として

今、IotやVR、3Dプリンターなどすごい技術が続々と出てきています。

どんどん人々の生活が新しくデザインされていく時代。

仮想通貨もその一躍を担うと思っています。

マイクロペイメント

その一つに「マイクロペイメント」の実現があると思います。

今現金以外の決済としてクレジットカードが広く普及していますが、クレジットカードでの決済だとその手数料の高さから、少額での購入には使えない店が多くあったりします。

僕自身も良く使う文房具店では3000円以上からでないとクレジットカードが使えず、ボールペンを1本買う時にクレジットカードでサッとお会計できないのに少し不便を感じています。

そこに、手数料がほぼゼロに近い仮想通貨での決済が可能になれば、どれだけ少額でも現金を使わずに決済できるようになります。

これで、将来財布を持つ必要がなくなるかもしれません。

また、本や雑誌を1冊買わなくても、読みたいトピックスの部分だけを購入できるなど、利用の仕方は様々だと思います。

 

自国通貨として使用

過去にハイパーインフレを起こして自国通貨が機能しなくなった国がいくつかあります。

ジンバブエなどがその代表ですね。他にも、南米の国の多くは自国通貨の信頼がとても低く、ドルの方が有用だという国もあります。

しかし、そういった国でドルを自国の基軸通貨にしてしまうということは、アメリカに自国を乗っ取られるのと同じようなことです。

それを回避することが今後仮想通貨の普及でできるようになるかもしれません。

また、自国通貨を一旦廃止して、新たに自国で創った仮想通貨を基軸通貨にして、国を守るといったことも行われるようになるかもしれません。

 

ここに挙げたのは、仮想通貨が秘めている可能性の一部です。

仮想通貨の普及は将来的なお金のあり方を大きく変えることになるでしょう。

 

 

 

まとめ


ビットコインを始め、仮想通貨に関する基礎が学べます。

どういう仕組みなのか、なぜ仮想通貨の人気が出てきているのか、価値が上がったのか、安全性は大丈夫なのかなど。

仮想通貨の存在で、将来的にお金の仕組みが大きく変わると思う。