【中田Youtube大学まとめ】新型コロナとワクチン

人生論

こんにちは!トモです。

今日はテーマ通り、中田Youtube大学でやってた最新動画、「新型コロナとワクチン」のまとめを書きたいと思います。

中田さんの動画、よく見てるんですけど、そもそも中田さん自体がエクストリーム(まとめ)しちゃってるから、視聴者的に見て終わりだったんですけど。

今回の新型コロナとワクチンについては、多分いま日本で一番多くの人が関心を持ってるテーマであり、かつよくわからんって状態だと思うので、少しでも広まればいいなと思い、ひっそりと運営している僕のブログでも書く事にしました。

※ただ、僕は医療に関してはド素人。そんなド素人がコロナワクチンについて書かれた本を読んでエクストリームした中田さんのさらにまとめをしているだけなので、そこだけご理解いただいて読んでいただければと思います。

ワクチンとは何か

動画ではコロナワクチンの世界的現状とか、数年前に流行ったサーズやマーズとコロナがどう違うのかなども解説していますが、そこは「まとめ」なのですっ飛ばします!笑

そもそも、ワクチンとは何か、から始めたいと思う。

免疫

人類とウイルスの戦いの歴史の中で、ウイルスには一度かかったら二度かかることはないということがわかってきた。それは体がそのウイルスに対しての免疫を作るから。

であれば、ウイルスを極弱めたものを作って体に取り入れて、かかった状態にして直せば、免疫が作られるのでウイルスにかからないという理屈が成り立つ。そのウイルスを極弱めたもの、それこそがワクチン

毎年インフルエンザワクチンを秋頃に打つのは、ワクチンを打つことで免疫を作ってしまいインフルエンザにかからないようにしている。そういう事ですよね。

自然免疫とワクチン免疫

人々がそのウイルスに対して免疫を作る方法は2通り。

自然的にそのウイルスに一度かかって治ってできる自然免疫。ワクチンを打つことでできるワクチン免疫

これ以外にウイルスに対して免疫ができることはない。

当たり前っちゃ当たり前の話なのですが、なぜわざわざこの2通りを説明したのかというと、それは次に説明する集団免疫を理解するため。

集団免疫

ウイルスは種を根絶やしに、死滅するまで広がるわけではない。

ある程度広まったら、これ以上広がらないという臨界点のようなものがある。それが、集団免疫というもの。

要は、ウイルスの広まり方というのは保有者が別の非保有者に移すことで広まります。1人が100人にも1000人にも広げるということはない。※今までのウイルスからすると。

これを再生産数と呼ぶそうで、1人の人間が約何人に感染を広げるのかというもの。

これがコロナの場合2人だそうです。

保有者のみんながみんな、非保有者に接触すれば、感染はどんどん広まるけど、保有者が保有者(免疫保持者)と接触する可能性ももちろんあり得る。その場合、保有者のウイルスは新規感染しないまま終わる。

じゃあ、人口のどれだけが保有者(免疫保持者)になれば、ウイルス感染の拡大が収まる臨界点(集団免疫)に到達するのか。

それが 1ー1/再生産数 という公式で表せれるそうです。

コロナの場合、計算すると、50%

日本人の2人に1人が感染すれば、約5000万人感染して免疫を持てば、集団免疫に達成するので、これ以上広まる確率は低くなる、という状況に持っていける。

ワクチンの必要性

もし集団免疫に達するまでを全て自然免疫(ワクチンを打たない)だけで達成しようとすると、5000万人がコロナにかかる必要がある。その場合、何が起きるか。

コロナの致死率というのは2%なので、日本人口の約100万人がコロナによって亡くなってしまうことを意味する。

アメリカでさえまだ死者数50万人ということは、日本はまだまだ悲惨な状況をずっと続けないとこの数値にたどり着くことはない。

そこで、集団免疫を獲得するために必要と考えられるのがワクチンという事らしい。

多くの人がワクチンを摂取して免疫をつけることで死者数を増やさないまま集団免疫の臨界点まで数字を上げることができるので、なのでワクチン接種が叫ばれている。

今回のコロナワクチンは今までのものとは違う

理屈はわかった。じゃあ、みんなワクチンを打てばいいじゃん。
インフルエンザのワクチンはみんな打つのに、コロナのワクチンはなんで打たないんだ?

今回のコロナワクチンは、今までのワクチンとは少し違うらしい

伝統的ワクチン

今までの伝統的なワクチンというのは、ウイルスを極弱めたもの、ウイルスを殺したもの、ウイルスを人工的に培養したものなどがある。

新世代ワクチン

しかし、今はさらに色々と進歩してDNAを狙った場所に壊さずに送るということができるようになった。それがDNAワクチン

そして、一番進化したものは、二重螺旋になっているDNAの一本(RNA)だけを送るというもの。これが今よくメディアで言われているRNAワクチン
(※僕の認識が誤っていたらごめんなさい!)

今回のコロナワクチンというのは、このRNAワクチンのことを指すそう。

ただ、これは数年前に後10から20年で実用化できそうだねって言われていたものを、今回コロナが襲ってきたことで急ピッチで作られたので、まだまだ検証結果などが十分取れていない。

ここが今回のワクチンを恐れる最大理由となっている。

僕の所感

ワクチンは人体に影響はないのか。服反応はないのか。あったらどんなものなのか。わからない。

それがわからないから、打つことを躊躇うというのも当然。

しかし、多くの人がワクチンを摂取して集団免疫にまで達成しないとコロナが落ち着くことはない。

自然免疫の場合、かかってから病院に行って、治療をして、となると、死亡リスクは高くなる。それよりはワクチンを医療機関で摂取した方がリスクは少ないようにも見える。

そうした様々なことを考えて、摂取するのかしないのかを決断しないといけない状況に、今人類はいるということ。

正解はない。学校教育で答えのある問題しか解いてこなかった人々にとって、答えのない問いをかけられるのが一番難しい。だから僕達は混乱している。

しかも日本人は特に世界的にみてもリスクを取らない人種。

しかも世界的にみて、なぜかコロナに強い日本人。

そんな僕達の現在のコロナワクチン接種りつは0.8%。

さて、これから僕達はコロナワクチンを打つべきなのか。それとも打たないべきなのか。

まあ、国の政策として強制となれば、議論の余地もありませんが。

コロナとワクチンについては、こういう事らしいです。

って話でした!