【永久保存版】世界3年半旅したミニマルバックパッカーの荷物を公開します。

放のこと

こんにちは!バックパッカーのトモローです。

 

今日は、僕が3年半の世界旅に持って行った物のまとめです。

これから長期の旅に出る人は是非参考にしてもらえればと思います。

3年半という長期旅でしたが、結局僕は旅を始めて4ヶ月目のインドで70リットルのバックパックを盗まれました。

→その時の記事:僕は旅に出て4ヶ月目でバックパックを失った。

それからは、「荷物はいつか失くすかもしれないし、盗られるかもしれない」という気持ちでずっと旅しています。

その経験があったから、ミニマルバックパッカーになれたし、帰国してからもミニマリスト生活に移行するという自然の流れになりました。

 

ミニマルバックパッカーの持ち物

 

バックパック

 

バックパック(メイン)

モンベル登山用の70ℓバックパックを使っていました。インドで盗まれてからは、マレーシアで買ったサムソナイトの20ℓサブバックをメインバックとして使用。

イギリスから最後帰国するまではオスプレイの40ℓバックパックをメインとして使用。

(使っている物がAmazonになかったので似た形の物を選びました。)

 

バックパック(サブ)

サブバックは最初モンベルの折り畳み式15ℓを使用していました。

荷物が少なくなってからはメイン一つで移動するようになり、普段はバックの中にしまって、街を歩く時などで使うようになりました。

 

貴重品

 

パスポート

必需品ですね。

 

財布

旅をする時は、日本で使っている高級な財布を持っていくのは厳禁!

100均の財布を2,3個買って持っていきます。

皆、強盗に合った時に少額だけ入れたダミー財布を渡すために財布は余分に持ってます。笑

クレカと国際キャッシュカード

僕はいつも楽天のデビットカードと新生銀行の国際キャッシュカードを持って行きます。

 

電子機器

 

スマホ

情報収集、地図、移動、写真、SNS、音楽、目覚まし、読書、暇つぶし。使い方は無限大。

安いSIMフリーのスマホを持って行けば向こうで失っても痛みは半減します。

 

カメラ

僕は世界旅に出る時に、デジカメか一眼かで悩みました。

結局は、まだインスタグラムとかも無かった時代で、良い写真をとってアップしたいよりも、ガシガシアクティブティに持っていけるカメラが良いという結論に至って、オリンパスのタフというカメラを選びました。

カメラ選びは人それぞれなので、自分のシチュエーションに合ったものを選んでください。

 

キンドル

キンドルを旅に持って行ったことはありませんが、最近買って非常に素晴らしいと感動しているので、次の旅には是非持って行きたい。

 

パソコン

最初の1年8ヶ月はパソコンを持っていました。しかしフェイスブックなどを更新しなくなってからは無用の長物となり、日本に残しました。

これも、自分がどんな旅をするかによって必要かどうか決めればよいと思います。

今の時代ノマドに働きながら旅する人は必要だろうし、全てスマホで済む人はいらないだろうし。

ちなみに僕が最初持って行ったのはASUSのノートパソコンでした。旅人はほとんどの人がMacユーザーでしたけど。

 

HDD・USB・SDカード

保存デバイスも必ず必要ですね。パソコンを持って行かなくなってからはUSBとSDカードを多めに持って行くようにしました。

旅人は漫画や映画、音楽などのデータを大量に持っていて、お互い宿でデータを交換し合います。

 

モバイルバッテリー

世界旅をしている時はモバイルバッテリーを持って行っていませんでした。

2泊3日の台湾旅行に持って行った時に非常に便利に感じたので、やはり今の時代は旅の必需品かと。

 

海外用変換プラグ

言わずと知れた必需中の必需品ですね。

 

各充電器

携帯やカメラの充電コードは忘れないように。

 

セキュリティ

 

シークレット財布

どこのブランドの物を買ったかは忘れてしまいましたが、3年半一度もちぎれることなく使えました。とても便利です。

 

南京錠

カバンのチャック同士をつなぐのに、宿のドアの鍵として、色んな場所で使えるセキュリティです。

南京錠はダイヤル式をお勧めします。南京錠の鍵を失くしてしまって開けられなくなったという人を旅中たまに見かけました

ワイヤー式は切られやすいのでご注意を。

 

チェーン

常に盗まれることを前提に行動しないと本当に盗まれてしまいます。

僕の場合、ワイヤーロックを切られてバックパックを持っていかれたので、頑丈な物をお勧めします。

自転車のロックを使用している人も結構いました。

 

 

トレッキングシューズ

長旅で本当に重要なのはバックパック、鍵、靴の3点です。

靴選びは自分の旅の目的に合わせてキチンと選んだ方が良いと思います。

とは言っても、僕は最初マムートの3万円程するゴツいやつを買って、タイで靴をスニーカータイプに買いなおして、ネパールでノースフェイスのトレッキングシューズを買ったり、日本からナイキのランニングシューズを持っていったりと色々しました。しかも最後の2年はほとんどビーサンで過ごしました。

居心地の良い靴・サンダルが一番です。

 

サンダル

ビーチサンダル一つ持っていれば街歩き、海、宿の室内履き、シャワールーム、飛行機内、色々なシーンで使えます。

 

腕時計+付属

 

Gショック

僕が旅に持って行った腕時計がGショックのG7700。旅以外も含めると購入してから約6年くらい一度も電池交換していないし、狂ったことがない。

めちゃコスパいいです。

 

方位磁石

腕時計に外付けで付けるタイプの方位磁石。海外ではとても役立ちます。

 

衣類

 

長ズボン(兼半ズボン)

ズボンで僕が愛用したのがモンベルのコンパーチブルタイプのズボン。

これは、膝上あたりがチャックで繋がっていて、切り離しが可能なもの。

長ズボンとしても半ズボンとしても使えるので、1年中使えるとても便利なズボンです。

 

水着

海はもちろん、暑い地域では普通に街歩き用のズボンになるので、便利です。

 

Tシャツ

Tシャツは4枚ほどをローテーション。

 

パーカー

暑い地域はTシャツ・寒い地域はパーカー、もっと寒い地域はその上にダウン。パーカーが1枚あると便利。

 

ウルトラライトダウン

モンベルのウルトラライトダウンジャケットは旅以外も含めれば購入してから約6年以上使っていますが、まだまだ現役です。

とてもコスパがいいのでおススメ。

 

靴下・パンツ

トレッキング用の靴下を一枚持っていると山登りや寒い地域を旅する時に便利です。

靴下・パンツ共に2~3セットをローテーションすれば十分ですね。

 

帽子

暑い地域を旅する時は必需品です。インドで40度超えた時は死にそうでした。

 

寝袋

 

寝袋

寝袋もシチュエーションに寄りますが、南米などを寒い時期に行く、空港泊や野宿もするつもりだという人は必要だと思います。

温かい気候の場所しか回らないとかなら必要ないと思います。

 

洗面類

 

バスタオル

大きなバスタオルを使う人もいれば、吸汗速乾のあるセームタオルやマイクロファイバータオルを使う人多いですね。

僕はバスタオル派でした。

 

手ぬぐい

手ぬぐいは1つあれば何かと便利です。上で挙げた科学的にすぐ乾くタオルよりも、すぐ乾くし、荷物に括り付けておけば自分の荷物がどれかすぐにわかるなど、タオル以外の活用もできます。

 

折り畳み式バケツ

こういうものが1つあると世界中のどこに行っても洗濯に困りません!

 

石鹸・体を洗うスポンジ

基本頭から体まで、服を洗うのも石鹸一つでやってました。荷物が減って便利です。

 

歯ブラシ・髭剃り・爪切り・耳かき

現地でも買えますが、日本の物の方がしっかりしてるし、大きさも日本人に合ってる気がします。

 

薬類

 

新ビオフェルミンS

これ、絶対絶対旅に持って行った方が良いです!120%後悔しません!

世界を100ヶ国以上旅しているツワモノもこれは欠かさず旅に持って行くらしく、お腹を下した時は勿論、ちょっとヤバそうな物を食べてしまった時も、これを飲んでおけば大丈夫と言ってました。

確かに、海外で何かを食べて気分が悪くなったときはとりあえずこれ飲んでおけば大丈夫でした!

 

ナロンエース

僕の場合は風邪をひくと頭痛からくるのと、片頭痛持ちなので、頭痛薬は必需品。

薬は自分に合った物を持って行けばよいと思います。

海外の薬は強かったりするので、日本人はやはり日本の物がいいのかなとも思います。

 

葛根湯

新ビオフェルミンS・ナロンエース・葛根湯は僕の中の旅薬三種の神器。欠かせません。

 

酔い止め

元々酔いやすい人はもちろん、海外では山道を走ったり、運転が荒かったりで日本で酔わない人も酔う可能性があります。

 

蚊よけ

海外は蚊よけ対策必須です。僕は蚊よけ対策万全でデング熱にやられました。。

 

ムヒ

それでもやられた後はこれ。

 

日焼け止め

海だけでなく標高の高い所を旅する時や登山もするなら日焼け止め持って行った方が良いです。

 

マスク・のど飴

海外は喉痛くなることが多いので、マスクやのど飴があると助かります。これは現地でも買えます。

 

目薬

ドライアイの僕には必須。

ソフトサンティアは1つ10日間の使用期限があるので、旅には向いてないかもですが、これとてもいいです。

 

文具

 

ノート(日記)

僕は旅の間毎日、日記をつけていました。その日何を買ったかの会計もつけていたので世界旅で大体どれくらい使ったかもわかります。

たまに読み返すと、写真を見返すのでは覚えてない内容のこともあるので、面白いです。

 

ノート(色々)

日記用の大きいノート以外に街歩きで持っていける小さなノートが一つあると便利です。

旅の情報をメモしたり、交換したりするのに使えます。

このジークエンス360°ノートめちゃ書きやすく使いやすい上に高くないので旅にお勧めです。

 

ボールペン

おススメはパワータンクの7mm。

 

その他いろいろ

 

水筒

水筒は何かと使いますね。

 

折り畳み傘

カッパ派か傘派に分かれると思いますが、僕は傘派でした。

 

スーパー袋

ビーサン入れたり、洗剤入れたり、何かと必要なので2,3用意していればいざという時に助かります。

 

ロープ

こういったロープはアウトドアショップで太さを選んで好きな長さで買うことができます。

部屋に洗濯物を干す時とか、荷物を縛りたい時など、結構使えます。

 

S字フック

部屋のベッドやドアに何かかけたい時、宿のトイレやシャワールームで。万能です。

 

トランプ

宿で暇な時に重宝します。世界中のトランプゲームを覚えて遊べるのでいいです。

ダハブゲームは有名ですが、僕が好きなのはヤニブ。

 

大きな布もしくはブルーシート

宿のベッドや夜行列車が汚ければシーツに、寒い地域では掛布団にできたりします。

インドでは駅の構内で数時間待機するなどザラなので皆駅で横になってます。

そんな時も布が一枚あると床に直接寝ないでよいので、衛生的です。

旅のツワモノはブルーシート敷いて寝てました。

 

番外編

 

テント・マット

 

野宿派な人はテントやマットを持って行くのがベターですね。

ヨーロッパなどでは宿の敷地にテント貼らせてもらってそこに泊まる代わりに宿代を安くしてもらうこともできます。

 

コーヒーミル

コーヒーを必ず飲みたい人やこだわりがある人は自分で豆をひいて飲むことができます。

 

蚊帳

蚊対策。蚊帳持っている人を見たのは2人くらい。ちなみに僕も最初持って行きました。

1回も使わずにバックパック盗まれて終わった。

 

電気ケトル

実はこれ持ってたの僕意外みたことありません。どんな宿でも大抵ホットウォーターは作れます。

 

延長コード

持ってる人結構いました。でも、なくても困りませんでした。

 

衣類圧縮袋

これもミニマルバックパッカーには不要ですが、荷物が多くなってしまった人には便利かも。

 

荷物の重さを測るやつ

飛行機に乗る時は荷物の重さに制限があるので、結構重量オーバーしてないか気になります。

ただ、ミニマルバックパッカーなら超えることはないので気にする必要はないかも。

僕は最終的にバックパックの容積40ℓ重量7キロ(内約2キロはバックパック自体の重さ)で落ち着きました。

この大きさ重さなら機内持ち込みで十分です。

 

 

まとめ


以上が旅で自分が持って行った荷物です。

何を持って行けばよいのかわからない人はこれを参考にしてみてください。

また、何を持って行っても面白いのが旅なので、こだわりの物を持って行ってもいいし、くだらない物を持って行ってもいい。

旅が楽しくなるのが一番なので、あまりこだわらずに。

ただ、自分が背負える分に抑えるのがポイントです。