僕が完璧主義をやめた理由1ー完璧でなくていいから前進しよう

人生論

こんにちは!完璧主義者のトモローです。

 

いきなり、テーマに相反した自己紹介。

厳密に言うと、完璧主義者だった、脱完璧主義者中のトモローです。

昔から僕は何につけても完璧主義に遂行したいタイプだった。

予定された集合場所には必ず時間前に行きたいから、時刻表とにらめっこして綿密に予定を組んだり。

ひどいときには、予行でその場所を先に訪れて、当日スムーズに行けるようにしておいたり。

ノート(ルーズリーフ)の字は一字でも間違えていたら、そのノート丸々書き直したり。

本や物は必ず元も場所に戻す。ルーティンワークは決して崩さない。etc…

挙げたらきりがないほどいつも完璧にしようとしていました。

僕は人よりも強いA型なのかなって勝手に思ってる。

なぜそれほどまで完璧主義者だった僕が完璧主義をやめようと思ったのかについて書きます。

 

準備に時間をかけるのは無駄

物事の遂行を完璧にしようとすると、どうしても準備に時間がかかることに気付きました。それもかかりすぎる程に。

時間の大切さを感じ始めた今は、準備に時間をかけすぎることに違和感を感じています。

  • もしAプランがうまくいかなかったらの為にBプランも計画しておこう。
  • もっとコストを抑えられる所がないか洗いなおそう。
  • 一見見た目はよさそうだけど、もう少し違うパターンも作ってみて、比較してみよう。

完璧主義者の人がよくやりがちな準備段階の無駄を挙げてみました。

こんなこと考えだしたらきりがないんですよね。

この底なし沼に足が埋まって抜け出せなくなっている完璧主義者をよく見かけます。

準備に時間をかけるよりも、実行することを重要視しましょう。

 

走りながらも考えられる

新しい情報がめまぐるしい速さで世界中を駆け巡り、色んなものがとてつもないスピードで変化している今の時代に、時間をかけることはリスクであったり、コストであったりします。

それよりも、とりあえず実行、ローンチしてみて、結果からフィードバックしたり、止まって考えきってからスタートするのではなく、とりあえずスタートして、歩きながら考える方が、効率が良いということに気付きました。

いくら完璧なプランを考え抜いても不測の事態というのは起きるもの。

結局そこで全ての計画が水の泡に消えてなくなることもあり得る。

そんな時、完璧にプランを練り上げていた時間もお金も労力も全てが一瞬で無駄になります。

もちろんある程度の骨組みは必要だけど、とりあえず6~7割見込みがついたらスタートを切ってみて良いのではと思います。

そうして、走りながら後の3割を詰める。変えなければならないところは変えていく。その方がフレキシブルに対応できるように思います。

 

誰も完璧なんか求めていない

例えば、ある土地にホテルがあればいいと沢山の人が考えたとします。

需要があるのだからホテルを建設すれば成功します。

完璧主義者の人がいつも冒す同じ過ちはここで、完璧なホテルを建設しようとすることです。

ホテルの部屋数、ベッド数、部屋割り、デザイン、設計、予算、宿泊プラン、サービス類、業務を委託する会社選び、用意する備品などなど。

計画を練るのに数年も費やし、いざ施工にかかった時には環境も変わってホテルの需要がなくなっているかもしれません。

沢山の人が求めていたのは、宿泊できる清潔な部屋と建物、温かいシャワーとWi-Fi、フレンドリーな接客で十分だったと思います。

そして何よりも重要なのは、彼らが求めていたのはそれがあればいいと考えていたことです。

成功する人は、とりあえず施工にかかる。かかりながら部屋割りやベッド数を考え、宿泊料金などの設定を行う。

ホテルが建って実際にお客さんが宿泊しだしたら、そこから生の声を聴いて、必要なサービスや備品を揃える。

やっぱりその方が、素早く需要を満たし、フレキシブルに要望に対応できるので、結局はこちらの方が満足いくサービスになるのだと思います。

 

この世に完璧はない

完璧主義は時間の無駄だと考え始めてから、僕はすぐに実行することに重きを置くようになりました。

実行してから考える、変える、対策する。そうした方が結局はうまくいってます。

こうして完璧主義をやめて僕が辿り着いた答えは、

そもそも、この世に完璧なんてないのだから、完璧を求めることがそもそもナンセンスなのだ

ということです。

ある本で読んた言葉に、こんな言葉がありました。

Progress not perfection.

(完璧でなくていいから前進しろ)

 

自由人の高橋歩さんも、

足踏みしてても靴底は減るぜ

と言ってます。

 

完璧を求めると言うことはスタートを切らないということ。

完璧が重要なのではなくて、スタートを切ることが重要。

ならば、スタートを切るためには完璧を捨てる必要がある。

 

もし、何かをしようと思いながらも迷ってまだ行動に移せていない人は、

明日、もしくは今日、今少しでも動いてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ


完璧を求めるのは時間の無駄

誰も完璧は求めていない

完璧を目指すこと=いつまでもスタートを切らないこと

まずはスタートを切って歩き出すこと、それから考えて軌道修正する